フェンシングあれこれ

わかりづらいフェンシングのあれこれについて紹介しています。

MENU

試合のルールについて②

こんにちは。かなおです。

前回はフェンシングの試合のルールについて紹介しましたが、今回はその続きとなります。

 

 

**********

◆反則について

   フェンシングにも反則ルールがあります。

   反則の内容により、以下の3種類のいずれかのカードが提示されます。

 

 ◯イエローカード

  ・2枚もらうとレッドカードと同じ扱いになり、相手に1点が加算されます。

 

 ◯レッドカード

  ・1枚でもらうだけで相手に1点加算されます。

 

 ◯ブラックカード

  ・一発退場。一定期間試合に出られなくなります。

 

◆イエロカードが適用される反則技の主な例

 ◯身体的行為

  ・相手が攻撃してくる時などに頭を下げる行為

   (被っているマスクは後頭部部分が空いているため、頭を下げるとマスクがない部分に剣が刺さってしまう可能性があり、非常に危険なため。または頭を下げることによって、自分の有効面を隠してしまうことになるため。)

  ・腕で自分の有効面を隠すような動作をとった時

  ・試合中に後ろを向く

  ・相手への恋な体当たり   など

 

 ◯ピストの反則ラインから両足が出た時

 

 ◯その他

  ・試合中、審判等への暴言、侮辱発言、反抗等

  ・うるさすぎる応援(特に団体戦の時。出されたことがあります・・・)

  ・剣や防具等の不備(不備があまりに多い場合)

  ・試合に消極的(攻める姿勢が足りない時等に出ることがあります。)

 

反則の悪質さによっては、一発でレッドカードが出される場合もあります。

審判の判定に納得がいかないからと侮辱発言や遠回しの侮辱行為を繰り返すと審判に目をつけられますので、ご注意を。

(審判も人間なので、審判の心証は良くしておいた方が無難です・・・)

 

◆ビデオ判定

 国際大会のみですが、フェンシングでもビデオ判定が導入されています。

 ビデオ判定は1試合2回まで権利があり、自己申告制です。

 審判の判定に不服がある時など「今のは明らかに自分の得点だ!」と思った時はビデオ判定を要求できます。

 ビデオ判定の結果、判定が覆ればビデオ判定の権利は減りません。ビデオ判定に失敗するとビデオ判定の権利が減ります。

 

フェンシングは剣の動きが早く、攻撃権の移り変わりも激しいため、どんなに目の肥えた審判でもミスジャッジをしてしまうことがあります。

ビデオ判定が導入されて、以前よりもミスジャッジが減ったのではないでしょうか。

 

ここまでフェンシングの試合のルールについてご紹介してきました。

難しい言葉も多かったかと思いますが、ちょっとでもご理解いただけたらうれしいです。

 

次回は、フェンシングの基本的なルールについてご紹介していきたと思います。